毛布・布団クリーニング

洗浄工程のご紹介

布団入荷・検証
まずは布団の状態を徹底チェック

クリ―ニング前の布団の状態確認

シミ・よごれ

和とじのほつれ

お客様のお布団がクリーニング工場に届きました。
お預りしましたお布団が、丸洗いできる素材かどうか、穴・ほつれ・シミがあるか、和とじと呼ばれる中綿を固定する糸が弱っていないかなどのチェックをします。クリーニング前のお布団は、毎日の寝汗で少しずつ湿り、綿が硬くなっています。生地の真ん中部分は、生地が特に弱くなっているため、クリーニング時に傷めないよう注意が必要です。
検証後は、お客さまに受領内容の確認メールをお送りします。

前処理
丁寧な手作業で前処理

洗浄時に中綿が偏らないよう和とじ部分をチェックしてバンドで固定します

機械で洗浄する前に、大きな汚れやシミを手作業で生地が傷まないように落としていきます。
シミや汚れの種類によって溶剤を使用し、汚れを溶解します。

布団丸洗い
特殊洗浄と天然水で、布団に優しい押し洗い

布団をバンドで固定し、優しく押し洗いします

布団をバンドで固定し、優しく押し洗いします

洗濯機の動きは、布が縮まない洗い方である“押し洗い”に近い動きになるように制御されています。

コンピューター制御による特殊大型洗濯機で、洗浄・すすぎ・脱液を自動で行います。
この丸洗いで、中綿に染み込んだ汗やダニ等の汚れを全て洗い流します。
この時、特殊リンス加工も同時に行います。

ゆっくり乾燥
布団にやさしい2段階乾燥

布団乾燥

お布団専用の乾燥室で乾燥します。
専用の乾燥室で2段階に分けてゆっくり乾燥することで、乾燥によるダメージを減らします。お布団にやさしい乾燥です。

仕上げ乾燥
熱風と回転でやわらか仕上げ

中綿が復元し布団の厚みが3倍になりました!

完全に乾いた後、乾燥機で回転乾燥させます。
熱風と回転により、中綿の中に空気を入れ、柔らかくほぐしていきます。
この工程により、湿気を含み硬くなっていた布団の中綿が、ふっくらと復元します。

検品・包装

真空パック

布団の真空パック圧縮 洗い終わったお布団がキレイになったか確認し、専用の包装機で包装します。真空コースにすると収納も楽ちんです。

ページの先頭へ

注文カゴを見る